病院・店舗・事務所移転

病院・店舗・事務所移転

オフィス家具等の設置から
什器の施工まで

引越や事務所の移転は事務が非常に面倒で手間や時間もかかります。
ヒサノは、引越計画の策定から、中重量物の輸送・什器の施工・書類
の梱包や開梱・荷物の一時保管・産業廃棄物の輸送に至るまで様々な
サービスを提供いたします。

トラックの画像

こんなお悩み
ありませんか?

  • 社内のシステムを止めな
    いように、なるべく短時
    間で作業を終わらせたい
  • 引っ越し以外も入らなく
    なったオフィス備品も廃
    棄してほしい
  • 道路状況や搬入経路を綿
    密にプランニングしたう
    えで実現してほしい
  • 悩みを抱える人1
  • 悩みを抱える人2
悩みを抱える人1 悩みを抱える人2
  • 社内のシステムを止めないように、なるべく短時間で作業を終わらせたい
  • 道路状況や搬入経路を綿密にプランニングしたうえで実現してほしい
  • 引っ越し以外も入らなくなったオフィス備品も廃棄してほしい

病院・店舗・事務所
移転のための
3つのポイント

オフィス移転を安全・迅速に行うためには、
オフィス移転の経験が豊富な運送会社選びが不可欠です。

  • POINT
    01

    経験豊富なスタッフが抜群のチームワークを活かして大切な荷物をスムーズに輸送します。
    経験豊富なスタッフが抜群のチームワークを活かして大切な荷物をスムーズに輸送します。
  • POINT
    02

    移転に関する作業をヒサノで全て対応することで、費用もぐっと削減します。
    移転に関する作業をヒサノで全て対応することで、費用もぐっと削減します。
  • POINT
    03

    小さなオフィスから、病院、特殊な研究所などの大規模移転まで対応可能です。
    小さなオフィスから、病院、特殊な研究所などの大規模移転まで対応可能です。

様々な
官公庁・民間企業での
実績があります!

様々な官公庁・民間企業での実績があります!

官公庁の庁舎や工場・病院・学校の移転など、大規模な引越や事務所移転はぜひヒサノにお任せください。

ヒサノは国(九州一円)・熊本県・熊本市などの入札資格を所持し、民間だけでなく官公庁の案件についても数多くの実績を有しています。

これまでの実績

  • 官公庁

    官公庁

  • 鉄道会社

    鉄道会社

  • 一般企業

    一般企業

  • 大学・研究室

    大学・
    研究室

  • 金融機関

    金融機関

  • 学校

    学校

  • 工場

    工場

  • 病院

    病院

例えば

  • 官公庁の場合

    • 中重量
      部門
    • 引越
      部門
  • 病院や大学の研究室の場合

    • 精密機器
      部門
    • 中重量
      部門
  • 工場や金融機関の場合

    • 精密機器
      部門
    • 中重量
      部門
    • 引越
      部門
  • ヒサノの
    精密機器部門 中重量部門 引越部門
    輸送技術やノウハウを組み合わせて
    速やかに移転作業を行います。

    ワンストップサービスで
    大幅コストダウン

    ワンストップサービスで大幅コストダウン

    ヒサノでは、引越や事務所移転に係るワンストップサービスを提供しております。
    ヒサノに引越計画の策定から産業廃棄物の輸送に至る作業を一括して依頼することで、引越に係る事務が大幅に軽減されるとともに引越経費を大幅にコストダウンすることが可能です。
    また、引越当日に複数の業者が入り交じることによる現場での混乱も避けられ、スムーズな移転が可能となります。

    複数の業者に依頼する場合

    打ち合わせ・ジムの増大 それぞれにコストがかかる 現場での混乱 打ち合わせ・ジムの増大 それぞれにコストがかかる 現場での混乱

    ヒサノのワンストップサービス

    ヒサノのワンストップサービスフロー図 ヒサノのワンストップサービスフロー図

    ご依頼までの流れ

    移転には様々な手続きが必要となり、事前の計画づくりが重要です。
    「移転」「引越」という言葉が出ましたら、すぐに弊社へご連絡ください。
    計画立案から移転完了まで、全日本トラック協会認定講師の当社社員がお客様に寄り添いながら
    最適なご提案をいたします。

    • 移転決定
    • 01
      01 立会いでイスなどの数量や移転先の立地条件・OA移転スケジュール・手順の確認をします。
      • 下見
      • 移転作業工程表を作成・検討
      • お見積書を提出
    • 02
      02 移転組織の編成。各担当の人数は、作業の規模や内容に応じて設定し、緊密な連携を図ります。 道路の使用許可申請、ビル管理会社や各業者との調整、近隣対策などを確認してください。
      • 移転推進組織を設置
      • 関係各方面への手続きを申請
         
    • 03
      03 移転先でのレイアウト作成なども作成していただき、各部署への指示・スケジュール発表を社内で説明します。
      • 社内説明会を開催
    • 04
      04 ダンボールやオリコン、テープ、色ラベルなど、必要な資材をお届けします。 レイアウト図と再下見に基づいて、最終的な打ち合わせをさせていただきます。
      • 包装資材の搬入
      • 移転先レイアウト図の入手と再下見
      • 最終打ち合わせ
      • 荷造り
    • 05
      05 段取りの再確認をしていただき、スケジュールに従って監督してください。搬入後、破損の確認もお願いすることになります。
      • 養生
      • 搬出・積込み
      • 輸送
      • 搬入・開梱・配置・検収
      • 配置・検収
      • 後片付け
    • 移転完了

    事業内容一覧

    お問い合わせ

    輸送に関すること、
    営業倉庫についてのご質問はこちら