DX戦略

ヒサノのパーパス
(存在意義)

株式会社ヒサノは、重い商品や高価で精密な機械を、丁寧に運び設置することで、お客様のビジネスの発展を支えていきます。
また、人が主役の会社として、社内のコミュニケーションを活性化し、
「働くことを幸せにつなげる」物流会社として、社員一人ひとりの能力を高めます。
これにより、社業を成長させ、新たな雇用を創出し、地域経済を元気にします。

働くことを幸せにつなげる

ヒサノのビジョン

株式会社ヒサノは、得意とする理化学機器・コピー機などの中重量物や、
半導体製造装置を始めとする精密機器の輸送を行う強みを生かし
2026年までに九州全域の輸配送網を構築し、
我が国の医療体制や各種精密機器のサプライチェーンなどのライフラインを支える企業を目指します。

ヒサノのDX戦略

株式会社ヒサノは、 DXを通して「働くことを幸せにつなげる」物流会社としてユニークな存在であり続けたいと考えています。 社会の急速なデジタル化の進展をビジネス変革のチャンスととらえ、人を採用し、教育を行い、業務環境を改善し、お客様にサービスを届け、集まったデータを解析して変革につなげます。 それぞれの段階で、デジタル化が必要な部分とアナログで解決する部分と切り分けながら、最終的な目標達成を行っていきます。 デジタル技術やデータを使った以下のDX戦略で経営ビジョンを実現します。

  • 01. 最適な物流の実現
    (保管・輸送・設置)

    デジタル技術を使って、保有資源(人、車、倉庫、データ)を駆使し、お客様にとって最適な物流を実現します。

  • 02. データに基づく業務プロセス改善

    業務のデジタル化によって得られるデータを分析することにより、協力会社との連携や社内業務プロセスの改善、ドライバーの能力向上、社員の働き方改革を推進します。

  • 03. 進化する物流サービスの提案
    (顧客開拓、商品企画、採用)

    受発注業務のデジタル化(横便箋システム)、新倉庫の導入による業務範囲の拡大及びウェブを含むデータ解析から得られた気づきに基づいて、新たな顧客ニーズを発見し、お客様の一歩先を見た新しい物流サービスを提案します。また、新サービスはインターネット上に先行提示し、市場の反応を見ながら展開し、採用活動も強化します。

ヒサノDX戦略

DX戦略推進体制

ヒサノのDX戦略は、「経営企画」による全社横断機能の強化の下、「DX推進事務局」が中心になって推進します。

DX戦略推進体制

中期経営企画とKGI

2022年の福岡新倉庫稼働のタイミングで福岡エリアの営業を強化し、九州全域を対象に保管から輸送・搬入・設置までの一貫物流サービスを提供します。
2026年までに九州全域の輸配送網を構築し、売上9億1,000万円を目指します。

中期経営企画とKGI

中期経営企画とKPI

重点取り組み事項と3年後の目標値は以下の通りです。

中期経営企画とKPI

お問い合わせ

輸送に関すること、
営業倉庫についてのご質問はこちら