株式会社ヒサノは、お客様の様々なニーズにお応えしお荷物の輸送・工事物流等のお手伝いをいたします。



株式会社ヒサノは、重い商品や高価で精密な機械を、丁寧に運び設置することで、お客様のビジネスの発展を支えていきます。
また、人が主役の会社として、社内のコミュニケーションを活性化し、
「働くことを幸せにつなげる」物流会社として、社員一人ひとりの能力を高めます。
これにより、社業を成長させ、新たな雇用を創出し、地域経済を元気にします。


株式会社ヒサノは、得意とする理化学機器・コピー機などの中重量物や、
半導体製造装置を始めとする精密機器の輸送を行う強みを生かし、
2026年までに九州全域の輸配送網を構築し、
我が国の医療体制や各種精密機器のサプライチェーンなどのライフラインを支える企業を目指します。


株式会社ヒサノは、 DXを通して「働くことを幸せにつなげる」物流会社としてユニークな存在であり続けたいと考えています。 社会の急速なデジタル化の進展をビジネス変革のチャンスととらえ、人を採用し、教育を行い、業務環境を改善し、お客様にサービスを届け、集まったデータを解析して変革につなげます。 それぞれの段階で、デジタル化が必要な部分とアナログで解決する部分と切り分けながら、最終的な目標達成を行っていきます。 デジタル技術やデータを使った以下のDX戦略で経営ビジョンを実現します。


デジタル技術を使って、保有資源(人、車、倉庫、データ)を駆使し、お客様にとって最適な物流を実現します。


業務のデジタル化によって得られるデータを分析することにより、協力会社との連携や社内業務プロセスの改善、ドライバーの能力向上、社員の働き方改革を推進します。


受発注業務のデジタル化(横便箋システム)、新倉庫の導入による業務範囲の拡大及びウェブを含むデータ解析から得られた気づきに基づいて、新たな顧客ニーズを発見し、お客様の一歩先を見た新しい物流サービスを提案します。また、新サービスはインターネット上に先行提示し、市場の反応を見ながら展開し、採用活動も強化します。





ヒサノのDX戦略は、「経営企画」による全社横断機能の強化の下、「DX推進事務局」が中心になって推進します。





2022年の福岡新倉庫稼働のタイミングで福岡エリアの営業を強化し、九州全域を対象に保管から輸送・搬入・設置までの一貫物流サービスを提供します。
2026年までに九州全域の輸配送網を構築し、売上9億1,000万円を目指します。




重点取り組み事項と3年後の目標値は以下の通りです。




第2回(2021.9.13)

株式会社ヒサノ 代表取締役の久保誠です。DX戦略の第2回進捗報告です。
株式会社ヒサノは、高度成長期のピアノ運送のノウハウを活かして、重くて、精密なものを大切に運ぶことをコアコンピタンスとして成長してきました。
一方で、人手不足、業務の属人化、IT化の遅れ、業務プロセスのブラックボックス化が顕著であり、これまで、請求業務や運行管理、経理業務等にパッケージソフトを導入して改善は進めてきたものの、全体最適への対応や、セキュリティ対応が課題でした。
2020年4月から業務プロセスの可視化を行い課題を抽出後、中核である配車プロセスを変革するため、ものづくり補助金に採択された「横便箋システム」開発に着手し、既存システムの改修も含めて「IT3か年計画」を立案しました。
「横便箋システム」は、この7月に稼働開始し、順調に安定運用しています。次ステップは 「DX戦略」に取りまとめ、現在、DX推進事務局を中心に推進しています。
また、福岡県古賀市に新設する「営業倉庫」(投資額10億円)は、いよいよ来月着工予定です。9月2日事業再構築補助金にも採択され「倉庫管理システム」の整備も進めております。
2021年6月からウェブ解析士も加わり、「横便箋システム」「倉庫管理システム」「ホームページ」のデータ解析に基づく、新サービスの提案、他の運送業者との連携を含めた物流サービスの高度化を構想し、2022年の新倉庫の稼働に併せてHPの刷新を予定しています。
2021年9月13日

第1回(2021.7.27)

はじめまして、株式会社ヒサノの久保誠です。
当社に興味を持っていただきありがとうございます。
私たちは、熊本に拠点を置き、理化学機器や精密製造装置等の重いもの、精密なものを輸送・保管・設置まで一貫した物流サービスを提供しております。
2022年には、福岡県古賀市に営業倉庫を新設し、倉庫業も開始し、更なるサービス向上に努めてまいります。
私たちは、DXを通して「働くことを幸せにつなげる」物流会社としてユニークな存在であり続けたいと考えています。
しかしながら、私たちのDXは、クールで、かっこよくて、スマート・・・・という一般的なDXのイメージとは違って、いつも、とても騒がしいです。
私たち経営者を中心に、ヒサノの従業員、ITCの先生方、ITベンダーさん、専門家の方々が入り乱れて熱く話し合います。
DXなのに凄く人間味あふれています。
私たちは、ヒサノらしさを大切にしながらDX戦略を実行し、その経過を定期的に発信してまいります。
ヒサノのDXに、これからもご注目ください。
2021年7月27日